インターネット上には、スヴェーデンボリの著作や生涯について書かれた記事をいろいろと見かけますが、その中にシグステッド著『スヴェーデンボリ叙事詩』(2012年、スヴェーデンボリ出版発行)の内容を紹介しているサイトがあります。
そこに、同著作の記事の誤りを指摘する箇所がありました。「浪々ポントスのホームページ 真珠』というサイトで、その中の「野葉暮四郎・ポントス警部の痛快(痛悔)キリスト教!!」第34話の記事です。
『叙事詩』735ページで、ジョン・ウェズレーの友人フランシス・オーケリがスヴェーデンボリの著作を知るようになったのが1678年となっているが、スヴェーデンボリが生まれたのは1688年なので、それは間違いではないかという記事です。
これは、ご指摘のとおりで、1678年は誤植で、1768年が正しい記述です。
出版者として細心の注意を払っても、様々な誤植が生じてしまいます。このように、指摘していただくことはとても有難いことであり、心から感謝します。出版物を読んでいて、何か疑問点や、間違いがありましたら、会報やホームページでも回答や修正内容を公開しますので、SPSC事務局まで遠慮なくご連絡ください。

(鈴木泰之)『SPSC会報』第11号に掲載